読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【最高2148/最終2128 55位】S14使用構築 クリジャロ起点 ガモスマンダクチート

f:id:oniyan0916:20160314234100p:plain

はじめまして。初めてはてなブログで記事を書かせていただきます。

このブログでは、ポケモンのレーティングにおいて高レートを達成したパーティを主に紹介したいと思っています。

 

f:id:oniyan0916:20160314230802j:plain

クリムガン入りで高レートを目指し、S14でついに最高レート2148(最終2128)という結果を残すことができたので、今回使ったパーティを紹介したいと思います。

 

 

 

 

クリムガン@オボンのみ  特性 さめはだ

わんぱく H252 B180 D76

がんせきふうじ へびにらみ ステルスロック ほえる

 

私の相棒ポケモンであるクリムガン。起点づくり要員part1です。

S13ではアタッカーで使っていましたが、今回は違う型を作ってみました。

努力値はなんとなくDを霊獣ボルトの珠めざ氷2耐えという感じに振ったところ、いい感じに活躍してくれました。他にいい振り方があれば教えてほしいです。

ドラゴンテールではなくほえるを採用しているのは、主にみがわりに効くのと、フェアリーに交代された際にも効くという2点の理由です。

がんせきふうじは、アローに刺さったり、メガゲンのちょうはつをされたときに最低限の仕事ができたりと、いい感じでした。

 

 

ジャローダ@ゴツゴツメット  特性 あまのじゃく

おくびょう H180 B156 S172

リーフストーム へびにらみ リフレクター こうごうせい

 

起点づくり要員part2兼積みアタッカーpart1です。

こいつは、選出率はそこまで高くなかったですが、起点づくりもでき、積みアタッカーとしても有能なので、だいたい活躍してくれます。

努力値振りは正直パクリですが、Sは最速ガブ抜き、耐久はメガガルーラの捨て身耐えだそうです(適当)。

 

 

ボーマンダ@ボーマンダナイト  特性 いかく→スカイスキン

いじっぱり H244 A252 D12

すてみタックル からげんき りゅうのまい はねやすめ

 

積みアタッカーpart2です。

元から使っていたのをそのまま使ったら割とパーティにフィットしてくれました。

この努力値振りにしているのは、元々僕が耐久のある積みアタッカーが好きなもので、S無振りになってしまいました。しかし、受けループに対する勝率が(体感)9割くらいになったのは完全にこいつのおかげです。動画にもしましたが、なんと鉄壁もちメガヤドランに勝てる化け物です。受けループが嫌いな方にはぜひおすすめです。

 

 

ウルガモス@ラムのみ  特性 ほのおのからだ

ひかえめ H148 C244 S116

だいもんじ むしのさざめき ギガドレイン ちょうのまい

 

積みアタッカーpart2です。

これはS13で使っていたのをそのまま使いました。

S13とほぼ役割は同じですが、パーティ的に選出率が激増しました。

Sは最速キノガッサ+1にしています。もうちょっと振ってもいいかなって感じもします。

こいつはオニゴーリを相手にすることが多かったのですが、絶対零度を当てられた記憶がございません(笑)。神です。

 

 

ニドキング@きあいのタスキ  特性  ちからずく

ひかえめ C252 D4 S252

ヘドロウェーブ だいちのちから れいとうビーム ふいうち

 

補完枠です。ごめんねニドキング

でも、こいつは補完枠として最大級の活躍をしてくれたと思います。ありがとう。

元々はこの枠はスカーフランドだったのですが、こだわっているためにボルトドランやゲッコウガバシャーモなどがどうしてもきつく、こいつらに対面で勝てる地面タイプを考えた結果、ニドキングを採用しました。

Sが85属のため準速でも遅いポケモンには大体上をとれるし、ふいうちもそこまで読まれないため、環境に刺さっていたと思います。

ちなみにふいうちがあるのに控えめなので、作り直したいと思います。さようならニドキング

 

クチート@クチートナイト  特性  いかく→ちからもち

いじっぱり H236 A252 B4 D12 S4

じゃれつく アイアンヘッド ふいうち つるぎのまい

 

積みアタッカーpart3です。

選出率はこいつが一番多かったのではないかと思います。

努力値振りはパクリです。調整はわかりません(適当)

アイアンヘッドは、元々ピクシーが重いので採用したら意外といろんなところで使えて、結局アイヘ最強って思うまでになってしまいました。

アイヘの良さを挙げると、ピクシーやずぶといニンフィアなど硬いフェアリーに勝てる、マヒと合わせてマひるみが狙える、じゃれつくを打つまでもない時、クチート対面やじゃれつくを受けに来た素クチートなどです。

あとは普通のクチートと同じです。

 

 

 

このパーティで特に重いポケモンヒードランです。

ヒードランがいるときは選出がだいぶ縛られるので、めちゃめちゃきついです。

それでもレート2100超えができたのは、現環境にそこまでヒードランが多くなかったからだと思います。

 

また、このパーティは受けループ、バンドリ(カバドリ)、バトンパにはほぼ(9割りくらい)勝てます。現環境に多いこれらのパーティに強かったのも、今回この結果を残すことができた1つの要因といってもよいでしょう。